Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
LINK
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社    ゴルフダイジェスト・オンライン
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
長野県 湯田中温泉「島屋」

■長野県 湯田中温泉(渋温泉)「島屋」


【総合】 9 
【お湯のよさ】10 【雰囲気・施設】 8 【癒され度】 9 【温泉街(周辺)】 9

『これぞ天然温泉』
長野県の志賀高原の麓に位置する。「こんこんと涌く」という表現がまさにふさわしく、なにしろお湯が抜群。開湯1350年、小林一茶も愛したと言われる湯。飾り気のない温泉ではあるが、昔ながらの外湯も充実しており、湯をゆっくり楽しむことが出来る温泉。約100度の源泉を直接引いており、濃い成分の湯をかけ流しで味わえる。りんごで育った信州牛など料理もおいしく、ゆったりと安らぐことができる。
■ 島屋 
381-0401 長野県下高井郡山ノ内町湯田中温泉
TEL0269-33-2151
【各HP】
  ⇒ 島屋HP   ⇒湯田中温泉HP

【アクセス】
東京からは関越道経由で長野道信州中野ICまで約3時間。中央道経由で約4時間。信州中野ICよりオリンピック道路(R292)で約15分。電車では長野から長野電鉄特急で45分「湯田中」下車。ドライブのお勧めは関越道碓氷軽井沢ICより、鬼押出し、草津経由で白根山から志賀高原もしくは万座スカイラインから志賀高原へ抜けるルート。軽井沢から志賀高原の高原のさわやかさと万座、草津の日本有数の温泉を満喫しながらのドライブは贅沢そののもの。少し大げさだが、この世の最高の贅沢ではないかと思える。冬季は白根から志賀高原のルートが閉鎖しているので注意。
■9月の志賀高原
一沼(9月)。そろそろ葉が色を付け出している。

志賀高原〜白根山途中の高原風景


【温泉の特徴】
1350年前に開湯されたと言われる歴史のある温泉。志賀高原の麓に位置し、湯田中、渋、安代、上林、新湯田中、星川、穂波、角間、地獄谷の九つの温泉からなり、国内でも屈指の湯量、泉質をもつ。それぞれが個性ある温泉場として古い歴史をもっており、小林一茶も何度も足を運んだと言われる。野生の猿が温泉につかる「地獄谷野猿公苑」には、海外で紹介されたこともあり、近年世界中から観光客が来ている。
《地獄谷野猿公苑》
猿が温泉に浸かる愛らしい姿。野生の猿は人がいてもまったく気にする様子がない。


《渋の地獄谷噴泉》
地表近くから温泉が噴出していることの証。10M近くの高さまで吹き上がっている。



【施設・料理】
《施設/風呂》
宿泊した島屋は12部屋のこじんまりとした旅館。アットホームな宿で気を使わずゆったりと過ごせる。風呂は内風呂が3つ(うち貸切風呂1つ)で、男女入れ替え制。特に萩の湯(冒頭写真)は広さも雰囲気も申し分なく、湯をゆったり楽しめる。他はタイル張りの昔ながらの風呂。こちらもリニューアルして欲しいのだが、施設の古さの割に清潔感はあり、それはそれでよいものと思える。近くに外湯もあるため、そちらも含めて楽しむのがよいと思う。
■宿の入り口にも温泉が流れる


《料理》
信州牛を中心に地場の食料を織り交ぜ、味付けにも工夫があり、手作り感のある地場料理が楽しめる。食材を生かした庶民風味の味付けは、逆に高級旅館では味わえないすばらしいものだと思う。
■夕食
りんごで育てた信州牛は絶品。量も申し分ない。

■朝食
田舎料理を思わせる朝食。何気ない食材ではあるが、非常に美味しい。


【湯の特徴】
泉質はナトリウム硫化物、硫化塩温泉。効能は慢性皮膚炎、動脈硬化、慢性婦人病、虚弱児童、切り傷、火傷等々。無色透明のとにかく成分の濃さを感じる玄人好みの湯で、まず入った途端「これは効くわ」と声を出してしまうような湯。1300年もの間、湯治場として栄えてきたことも納得できる。湯だけでみれば、これまで知っている湯の中で間違いなく五本の指に入る良泉。共同湯ランキングで東の横綱となっており、ダテではない。
■渋大湯
共同の外湯としては清潔があり、広さも十分。昔から温泉が庶民の楽しみであったことが想像できる。




【記事】
湯田中のある長野県北部には、全国屈指の温泉が集中しており、なんとなく近くを通っていたものの、泊まることはなかった。当然湯が良いという噂は知っていたが、日帰りで立ち寄る程度であった。湯は良いというものの、それほどブレイクしていない、何か不思議な温泉であった。
そして今回、とにかく湯のよさにびっくり。入ってすぐにこれは違うと感じ取れるほどの湯あった。名湯というのは山奥であったり、交通の不便な場所であることが多いのだが、この温泉は長野市内からそれほど入らず、信州中野ICから10分ほどの好立地である。
これだけの湯でありながら、ブレイクしていないのは、逆に好立地であるからなのかと思えてしまう。今回泊まった島屋もこじんまりした宿であるが、料理、雰囲気ともにすばらしく、若干の施設の古さがまったく気にならなく過ごすことが出来た。また、旅館のおじさんも素朴で人柄のよい気さくさがそのまま宿の雰囲気となっていた。猿の温泉といい、何か心休まる日本の秋を堪能できた。

【近隣温泉のブログ】
草津温泉「西の河原露天風呂」 ⇒これぞ温泉。日本の温泉の代表。
■四万温泉(群馬県)「四万温泉 やまぐち館」
⇒無色透明のやわらく、暖かい温泉。こじんまりした温泉街も魅力。


JUGEMテーマ:旅行




posted by: のぐやま | 長野県 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(2) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 22:15 | - | - |









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
2009/04/17 10:47 PM
草津温泉までのアクセスについての情報や注目のコンテンツを紹介しています。いろんな知識や情報を学べる、役立つ情報を目指しております。
草津温泉情報ナビ
2010/01/29 12:52 PM
草津温泉・伊香保温泉・水上温泉・四万温泉など群馬の温泉、観光地、名物などを紹介します。
群馬温泉@旅の楽しみ方