Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Sponsored links
LINK
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社    ゴルフダイジェスト・オンライン
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
北海道・登別温泉「旅亭花ゆら」
楽天トラベル株式会社
■登別温泉「旅亭花ゆら」
総合 9 泉質 主に硫黄泉、硫化水素泉
お湯のよさ10 雰囲気 10 癒され度 9 温泉街(周辺)9



昨年に続き、今年も10月の3連休+1で秋の北海道へ。あいにくの雨(というか豪雨)で、爽快にとはいかなかったものの、やはり広い大地に心癒され満足いく旅が出来ました。
ということで北海道シリーズ第1段は登別温泉「旅亭花ゆら」。こちらは、JTBの数少ない総合90点以上の宿。従業員さんの対応、部屋の感じ、料理、温泉すべてにおいて高い評価を得るだけのさりげない心配りがあるお勧めの宿である。昨年もこちらに泊まったのであるが、居心地よかったため、また今年もお世話になることにした。




風呂は内風呂2つ、露天1つであり、清潔感のある落ち着いた佇まい。あいにくの天候とはいえ、北海道の乾いた風は非常に心地よい。
登別温泉は北海道の中で、最大の温泉地といわれており、西に洞爺湖、南に倶多楽湖(くったらこ)、北東に支笏湖をとりかこむ活火山によって形成された巨大カルデラ地帯に出来た温泉郷で、1日1万トンもの湯量を誇っている。

温泉に通いだし分かってきたのであるが、基本的に湯量の多い温泉の質は、まず温泉資源が豊富なことにより、かけ流しが可能となる。それだけで温泉の質は高くなるのだがさらには活発な火山活動により、その中に含まれる温泉成分が濃くなるのではないか(まったくの仮説)と思われ、湯から感じられるものがまったく違うのである。ちなみに関東近郊では草津近辺(草津、万座、志賀など)、箱根、妙高高原、上高地近辺などで感じられる。

また、登別温泉の泉質は、複数の種類があり、多くの泉質を持つ珍しい温泉でもある。
今回の「花ゆら」の温泉は、硫黄泉・鉄鉱泉、子宝泉の3種類。どれも薄い乳白色のお湯である。近くの地獄谷の煙を見ていると、もう少し強い感じの温泉を想像するのだが、お湯はいたって柔らかく、質が高い温泉であることに関心する。



静かな露天で、ゆっくりと湯に浸る。「しやわせやわー。」と自然に声が出てくる。
夜の露天のほのかな光に包まれて、体をダランとしながら顔を上に上げて、ゆっくりと。
やはり休息は必要だなー。と思う。

あえて名湯と言われる温泉地と高いレベルで比較すると、柔らかな湯であることが、草津や奥飛騨のように際立ったインパクトを感じないことであろうか。インパクトがあることがよい温泉というわけでないが・・。

ちなみにこちらは登別温泉入り口の閻魔像。こちらはインパクトがある。


■所在地
北海道登別市登別温泉町100
TEL:0143-84-2322


くちこみブログ集(国内旅行)by Good↑or Bad↓ 旅亭花ゆら〔北海道〕


楽天トラベル株式会社

マイルもポイントも貯まる!「航空券」「宿泊」予約は【ANA楽パック】

■その他
登別温泉から2時間太平洋沿いを走ると、サラブレッド銀座に着く。道沿いの多数の牧場の光景は非常に雄大。ちなみに今日の京都でのG1レース「秋華賞」優勝で2冠馬となったカワカミプリンセス号は三石町の三石川上牧場の生産。何千頭のうちG1ホースになれるのは年間20頭ぐらい。賞金の取れる馬を育てるのは大変なことと思う。
最近馬券は買っていないのだが、競馬に対して生産者とか育った牧場はどこなのだろか?とギャンブルとは別の興味を持ち出した。サラブレッドは美しいのだが、どこか物寂しく、それでいて愛らしい。いつか馬を持ちたいなー。と思ってみたり。一生の夢ですね。



さらに1時間走ると、襟裳岬にいたる。その場所は年間で200日以上が風速10M以上になるようで、その中での岬の光景は非常にダイナミック。岬まで車で走っていて、何度もハンドルをとられ、車ごと海まで飛んでしまうのではないかという不安に駆られた。その道中を含め、人間がいかに小さいものかを実感。この場所は単に風景がよいとかそういうものでなく、風を浴び、岬の草木、途中の町並み、そして太平洋の大きさ。すべてを含めてすごいなーと感じられる場所である。



こちらは岬の食堂と海鮮丼。とにかくうまい。あと画面にはないが海鮮満載のラーメンもお勧め。海鮮のだしが絶品。さらに中で流れる森進一の歌「襟裳岬」も絶品。




【その他/襟裳岬】
昭和50年、襟裳岬近くにあるエリモ農場が火事になり、牧場にいた14頭のうち12頭もの馬がなくなった大事故があった。その中で奇跡的に難を逃れた2頭のうちの1頭であったエリモジョージ号が、翌年の春の天皇賞に出走。12番人気ながら逃げ切りで優勝。

そのときの元関西テレビ杉本アナの名実況、「エリモジョージが先頭だ。ロングホーク来た、エリモジョージ、ロングホーク、ロングホーク。エリモジョージ(絶句)!」
「(数秒後)エリモジョージです。見てるか天国の仲間たち、俺はお前たちの分まで走ったぞ!勝ったのはエリモジョージです。何もないえりもに春を告げた。エリモジョージ!」とアナウンスした。
この実況は、歌のフレーズからでた実況であるのだが、牧場の人々、焼け死んだ馬たちを思いやるすばらしい実況であったと思う。

そのエリモジョージは2001年に亡くなった。29歳、人間で言えば100歳近い大往生であったようだ。人気になるとまったく走らず、人気薄での大がけ、あだ名は「気まぐれジョージ」。名手福永洋一にこの馬が本気で走ったら、かなう馬はいないのではないかと言わしめたそうだ。
襟裳岬近くのエリモ牧場に彼のお墓がある。時間があれば、エリモジョージのお墓を拝みたかった。これが思い残り・・。
posted by: のぐやま | 北海道 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(12) |
スポンサーサイト
posted by: スポンサードリンク | - | 23:18 | - | - |









この記事のトラックバックURL
http://noguyama.jugem.jp/trackback/39
トラックバック
2006/12/14 1:22 PM
箱根温泉の泉質・効能 箱根に湧出する温泉は泉質名でいうと17種類に分けられますが...
温泉:箱根温泉の旅館を紹介します
2006/12/14 1:55 PM
箱根温泉の温泉街 ・箱根湯本温泉 東京から1時間半と車・電車共にアクセスの良い人...
温泉:箱根温泉の旅館を紹介します
2007/03/30 12:00 PM
今は、歓送迎会のシーズンですね。4月からは、入学式、入社式など人生の節目のスタートが始まる時期がはじまります。札幌から、家族、会社などで、泊り込みで温泉と考えたときは、札幌の南区の定山渓温泉、チャット足を伸ばして、登別温泉が浮かんできます。登別温泉も
北海道、札幌からの旅情報
2007/04/03 6:38 PM
道央自動車道・登別東インターチェンジから北海道道2号洞爺湖登別線、北海道道350号倶多楽湖公園線を経由して約8km。鉄道ではJR室蘭本線の登別駅が最寄りになる。・白老・登別温泉へ行って来ました。・ ネプリーグ・北海道旅行記2006 【4日目】・北海道最終日・倶多楽湖
湖のうんちく
2007/04/18 6:36 PM
温泉の豆知識です。あまり知られていない温泉の知識です
お得情報の豆知識
2007/05/19 12:59 PM
皆さんご存知の箱根温泉は...
2007/05/30 10:49 AM
東京〜札幌が前日予約で14,700円から
エアドゥなど格安航空券で北海道を旅しよう
2007/06/02 1:54 PM
登別駅(のぼりべつえき)は、北海道登別市登別港町1丁目にある北海道旅客鉄道(JR北海道)の駅であります。登別温泉の最寄り駅であり観光利用が多いことから、市の中心部に近い幌別駅(2駅隣)よりも多く特急列車が停車します。登別駅周辺線路は北東から南西に通じてい
北海道、札幌からの旅情報
2007/06/02 3:25 PM
皆さんご存知の箱根温泉は、箱根火山の麓から中腹まで、あちこちに...
2007/06/04 11:35 AM
JR北海道で行く 道央 登別旅といえば温泉!登別といえば温泉!熊牧場も地獄谷も 温泉に入ってのんびりしてから登別へはJRで向かおう登別市・登別観光協会ホームページより地獄谷地獄谷は登別温泉街から歩いて数分。地の底からもうもうと立ち上がる熱湯や水蒸気、さら
JR北海道で満喫する北海道爽快旅行情報
2007/06/27 2:18 PM
定山渓温泉(じょうざんけいおんせん)は、北海道石狩支庁管内札幌市南区(旧蝦夷地、明治以降の旧石狩国)の定山渓温泉地区にある温泉です。「札幌の奥座敷」と呼ばれて親しまれています。古くアイヌに知られ、江戸時代には通行した日本人が入り、1866年に美泉定山が温
北海道、札幌からの旅情報
2007/07/02 1:28 PM
登別温泉(のぼりべつおんせん)は、北海道胆振支庁管内登別市(旧蝦夷地、明治以降の旧胆振国)にある温泉で、北海道屈指の温泉地であります。江戸時代から存在を知られており、明治時代に温泉宿が設けられてから、保養地、観光地となりました。交通アクセスは、道央自
北海道、札幌からの旅情報