Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
Sponsored links
LINK
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社    ゴルフダイジェスト・オンライン
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
福島県飯坂温泉/穴原温泉「吉川屋」

■福島県 飯坂温泉/穴原温泉「吉川屋」
071226_1015~0001.jpg
【総合】 8.5 
【お湯のよさ】 8.5 【雰囲気・施設】 9 【癒され度】 9 【温泉街(周辺)】 8
「温泉人情」
福島市の中心部から車で約30分。飯坂温泉の奥座敷にある温泉。山間のひっそりとした温泉は芯から温まる湯が心地よい。

■吉川屋(HP)
〒960-0282 福島県福島市飯坂町湯野字新湯6
TEL 024-542-2226(代)

071226_0949~0001.jpg

【温泉】
東北道福島飯坂ICより車で10分、電車では東北新幹線で東京より約1時間40分福島下車、福島で在来線に乗り換え約30分飯坂温泉下車、もしくは福島より車で30分の場所。
飯坂温泉は、鳴子・秋保とともに奥州3名湯に数えられ、2000年前に沸いたと言われている。江戸時代には「奥の細道」の松尾芭蕉も立ち寄ったとされ歴史のある温泉である。

【湯の特徴】
無色透明の単純泉。PH8.4、源泉58度のアルカリ性の温泉。肌に良く、神経痛等に効果があると言われている。滑り感は少なくじわっと効いてくる芯から温まる湯で、疲れが直接取れるような感覚が特徴。

【風呂】
露天風呂2、内風呂2、足湯1で男女入れ替え制。内風呂、露天ともに川を望め、山の風景が心地よい。
■露天風呂
071226_0911~0002.jpg
山からの風と清流を横目に十分な広さの露天風呂。源泉かけ流しの露天は清潔感もあり、ゆったりと浸かれる。鼻歌を歌いながら、温泉を満喫できる。冬の温泉の湯けむりは格別。本当に心地が良い。

071226_0902~0001.jpg


■内湯

内湯も洗い場も十分の広さ。大きなガラスの窓からは山の景色、川の景色を存分に楽しめる。運が良ければカモシカが山を登る姿も見えるそうだ。

【記事】
今回の記事は温泉レポートというよりもちょっと趣旨が違うレポートにさせてもらおうと思う。
仕事のつながりで縁があり、福島に数年通った。年末、これが最後の訪問。仕事終わりの慰労会で飯坂温泉へ行くことになった。

その仕事相手の人たちは人情厚い人たちで、シビアな仕事の中でも最後はいつも笑っていた。厳しい時でも現実を見つめつつ、前向きであった。そんな彼らとのやり取りにいつの日からか本当の仲間のような付き合いになった。電話をすれば、いつ来るんですかと待ちわびてくれ、自分もその会社に行って、彼らと話すのが楽しみになっていた。
また、ふらっと「どうや」と出てくる社長、厳しい話をしながらも自分を見る目はいつも暖かかった。仕事相手ではあったけれど、若い人間に何かを伝えようとしてくれてたのだと思う。

そして今回仕事は無事終えることができた。ハッピーエンドで迎えた社長さんの笑顔、従業員さんの笑顔。皆幸せになるためにがんばっている。その笑顔を見ていたら、彼らの幸せに貢献できたことがうれしかった。

温泉に浸かりつつ、彼らと最後のバカ話をした。帰りにラーメンを食べながら、この何年間の話をした。これで最後とはさびしいですね。と言いながら。

たかが仕事、されど仕事。そこには人が存在する。人と人のつながりがある。仕事は終えたけど、何かそれだけではないものを得た気がする。
そして忘れられない想い出は、飯坂温泉の暖かい湯とともに自分の心の中にも暖かく残るものと思う。

また、よい仕事がしたい・・・。よい人間関係を作りたい・・・。嫌だと思うことの多い仕事もたまには良いことあるな。

JUGEMテーマ:旅行


posted by: のぐやま | 福島県 | 00:21 | comments(0) | trackbacks(0) |