Search
Calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
Sponsored links
LINK
ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】 楽天トラベル株式会社 楽天トラベル株式会社    ゴルフダイジェスト・オンライン
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |
温泉ランキング詳細 【総合1位〜3位】
【総合1位〜3位】
1位 奥飛騨温泉郷 平湯温泉「ひらゆの森」



総合 9 
泉質 含硫黄ナトリウム・カルシウム・マグネシウム炭酸水素塩泉
お湯のよさ9 雰囲気・施設9 癒され度9 温泉街(周辺)10
→【修正】 総合10 お湯のよさ10 癒され度10
■ ブログ内紹介ページ →ひらゆの森
今回ランキングを考えるにあたって、迷うことなく1位にしました。北アルプスの絶景は日本の誇る山岳風景であり、穂高、上高地の麓、奥飛騨の自然と開放感あふれる露天風呂、お湯の質とすべてを兼ね備えた温泉。
特に温泉街というものもありませんし、高級旅館などもそれほどありませんが、あふれる自然そのものが高級施設の檜風呂などよりも十分価値を感じれるものだと思います。奥飛騨温泉は狭いところに固まっている温泉でないため、各施設の面積を広くとれるからでしょうか、露天風呂の数がおそらく日本一ではないかと言われています。


2位 草津温泉「西の河原露天風呂」
総合10 泉質 硫黄泉
お湯のよさ10 雰囲気・施設9 癒され度9 温泉街(周辺)10


こちらは日本の誇る「草津温泉」。樋口一葉の小説「にごりえ」に「お医者様でも草津の湯でも恋の病はなおせない」とでてくる通り、医者と同等に扱われていた名湯。
自噴泉としては日本一の湧出量を誇り、日本武尊が発見したとも、奈良時代に僧、行基が発見したともいわれ、明治時代には温泉医学の権威でドイツ人のベルツ博士がたびたび訪れて絶賛、理想的な保養地として世界に紹介されたそうです。また、戦国武将にも重宝され、徳川家康にいたってはその湯を江戸まで運ばせたということであります。
お湯は硫黄泉で白濁したPH2程度の強い酸性の湯であり、五寸釘を数日で溶かしまうほどだそうです。殺菌力が抜群に高く、それが万病に効くということに繋がっていると思います。私がこの湯を評価するまでもなく、この湯に入れば草津の湯がなぜ評価されているかはすぐ分かると思います。
草津温泉は温泉街としては非常に狭い場所に処狭しと旅館が並び、それほど大きな施設は存在しません。大規模駐車場なども中心部にはなく、日本一の温泉にもかかわらず、シンボルの湯畑を中心に静かな佇まいを維持しています。
熱海、別府などの温泉が大規模施設の一大リゾート化を行った高度成長期、大型施設を持たないことで客の落ち込んだ草津も「大勢のお客様を収容できるような大型施設を建設すべきでは」という議論もあったそうですが、「草津は草津の湯という資源を大事にしたい、町並みを大事にしたい」ということで大規模開発を敢えてしなかったそうです。
それが幸いし、草津のお湯は現在も質を落とすことなく、温泉ファンに親しまれています。時代にあわせ変化することは当然重要だとは思いますが、お湯の質と町並みをを守りつづけたことは非常に価値ある判断であったと思います。
「変わらないこと」は「変わること」よりも勇気がいることがあるという言葉がありますが、その典型ではないでしょうか。
その中で西の河原露天風呂は西の河原公園にあり、あちらこちらから温泉が噴出している公園の一番上にあります。池のように広い露天で夜は星が綺麗に見えます。かけ流しの洗い場もないシンプルな露天風呂ではありますが、お湯がよい草津では、シンプルな方がお湯を堪能できてよいと思います。


3位 四万温泉 「やまぐち館」
総合10 泉質 ナトリウム・カルシウム-塩化物、硫酸塩泉
お湯のよさ10 雰囲気・施設9 癒され度10 温泉街(周辺)10


こちらは草津温泉より15K程度関越方面の手前にある温泉。草津の癒し湯と言われ、強烈に効能を感じられる草津とは正反対にお湯の質は非常にマイルドです。3位にしましたが、2位の草津よりも評点が高くなっております。感じる個性が草津のほうが若干強かっただけで、バランスの取れた玄人好みの温泉だと思います。
歴史はこちらも古く、鎌倉時代には既に発見されており、源頼朝が浅間の帰りに入ったといわれております。
四万川の川沿いに立ち並ぶ中小旅館を中心にした温泉街でひなびた温泉という表現がぴったりの静かな温泉です。
四万温泉のすばらしさはやはりお湯そのもの。四万の病気に効くというのが、名称の由来と言われています。無色の透き通った湯質でゆったりと体を包むような柔らかさ。それなのに湯上りの暖かさはいつまでもあります。これだけ柔らかい感じのお湯は他では感じたことはなく、また無色透明の湯でありながらこれだけインパクトのある湯はそうそう味わえないと思います。
また、周辺環境も抜群で四万川は日本有数の清流四万十川よりも綺麗な水とのことであり、この一帯が日本最初の国民保養地にも指定されたことも納得できるものです。
四万川を見渡しながらの静かな空間と極上の柔らかい湯はまさに癒しの温泉だと思います。
posted by: のぐやま | ランキング | 21:28 | comments(1) | trackbacks(1) |